お宮と棚板と神具の組み合わせ

神棚を設置する場合に用意していただく お宮・棚板・神具 にはそれぞれサイズとグレードがあります。今回、グレードに関しましては皆様のご予算とお好みにお任せするとして、ここではそれぞれのサイズと組み合わせのバランスについてご説明させていただきます。

まず、お宮には一枚扉の一社宮・神明宮と三枚扉の三社宮がございます。コンパクトにお祀りされたいなら一社宮タイプ、しっかりとお祀りされたいなら三社宮タイプです。御札の納め方につきましては『はじめての神棚』の項目の『神棚のまつり方』に書きましたのでそちらをご覧ください。

コンパクトに神棚を設置する場合は一社宮や神明宮を選択しますが、この場合に組み合わせる棚板の大きさは間口サイズ2尺(60cm)か2尺5寸(75cm)になります。サイズ2尺でも大丈夫ですが棚板が大きければお飾りする神具や願い事の御札である護摩札をゆっくり並べられますので設置する場所に余裕があるのでしたら私は2尺5寸サイズをお薦めします。

しっかりと神棚をお祀りされたい場合は三社宮をお選びいただきますが、三社宮を使用するにはお宮の大きさから最低でも間口サイズ2尺5寸以上の棚板を組み合わせる必要がございます。

神棚を設置した際の使い勝手を考えますと2尺5寸サイズの棚板が一番小さいサイズの棚板でそれ以下の2尺サイズや1尺5寸サイズのものは特殊なサイズとお考えいただくのがよいと思います。

以上の事をふまえてお宮と棚板・神具の組み合わせをサイズごとに表にしてみました。神棚のご購入を考えてる方の目安にしていただければと思います。

お宮 棚板 神具セット
一社宮5寸 2尺・2尺5寸 2尺用
一社宮6寸 2尺・2尺5寸 2尺5寸用
一社宮7寸 2尺5寸 2尺5寸用
一社宮8寸 2尺5寸・3尺 3尺用
神明宮5寸 2尺・2尺5寸 2尺用
神明宮6寸 2尺・2尺5寸 2尺5寸用
神明宮7寸 2尺5寸・3尺 3尺用
神明宮8寸 3尺・3尺6寸5分 3尺6寸5分用
神明宮1尺 3尺6寸5分 3尺6寸5分用
横通三社宮1尺5寸 2尺5寸 2尺5寸用
横通三社宮1尺8寸 3尺 3尺用
横通三社宮2尺 3尺6寸5分 3尺6寸5分用
横通三社宮2尺5寸 4尺・4尺5寸 お問い合わせ下さい
横通三社宮3尺 5尺・6尺 お問い合わせ下さい

以上が一般的な組み合わせとなります。
もちろん表の組み合わせは一例ですのでお祀りをされる方によっては棚板にたいしてお宮を小さめに合わせる(例、護摩札をたくさん並べる方、会社の商品をたくさん並べる方など)場合もございますのであくまでも目安としてお考え下さい。迷われあた場合はお問い合わせ頂ければバランスの良い組み合わせをアドバイスも致しますのでお気軽にお尋ねください。

バランスの良い神棚

pagetop