棚板の、雲板って何ですか?絶対に必要なもの?

棚板をご購入される場合、棚板セットにはたいてい「雲板(幕板)」と呼ばれる波状に形取られた板が付きます。
雲板は、神聖な神様をお祀りする棚板が家のどこにあろうと、建物の何階にあろうと、「ここが一番清らかな場所ですよ、天界ですよ」と表現してくれるパーツです。
神棚(神様の世界)は雲の上の天界に通じる所にあるという意味で、形は「雲」をイメージして作られています。
もし雲板が無い時は、新たにご購入いただいて取り付けるか、「雲板」の代役として「天」「上」「雲」などの文字を半紙等に書いて、お宮の真上の天井に貼るかどちらかの方法をとってください。どちらでも神様に失礼になる事はありません。
しめ縄や神幕を付ける場合は、雲板に鋲を打って固定しますので、「雲板」を付けることをおすすめします。

Posted in: 神棚設置の疑問


pagetop