神棚を新しくしました、新しいお宮に必要な事を教えてください。

2012/10/11

神棚を新しく取り替えた場合、こうしなければならないと言う決まり事はありませんが、神主さまに来て頂かないまでも、お宮だけ神社にお持ちしてお祓いを受けられるといいでしょう。
神様に関することなので、自分でこうしておきたいなと思うことがありましたら是非おこなって下さい。

神棚を新しくしました、今のお宮はどうすればいいですか?

古いお宮はお近くの神社にてお焚き上げ頂くのが一番丁寧な処分の仕方です。今まで自分達をお守り頂いた神聖なものなので「ありがとうございました」の意味をこめて神社にお預けください。
この場合「お焚き上げ料」を気持ち添えると良いでしょう。暮れの時期ですと「どんと焼き」(神社で氏子の古い御札やしめ縄をもやす)の回収をしていますのでその場所にお宮を置いてお賽銭を上げてもかまいません。

神棚を新しいものに取り替えるときは、今の神棚より上等なものを買いなさいと言われました、本当?

「神棚を新しく、綺麗なものに取り替える」ことこそが大事ですので、今の神棚と同等のものを揃えれば十分です。お部屋の大きさが変わったときや、上等のものにしたいときは、それにあわせた大きさ、価格の見合うものをお選びください。

100年も前からお祀りしている神棚を、修理して今でもお参りしています。神棚は、古くなったら新しいものに取りかえなければいけませんか?

代々神棚を修理・修復しながら守ってお祀りしていれば、取り替える必要はありません。今後とも大事にお祀りください。
一方、定期的に神棚を新しいものに取り替えるのもいい事です。これは神道の「浄の思想」に習う作法で、川が流れ水が常に新しいものに変わるように、神棚・お宮・棚板・神具なども綺麗なものに交換して感謝を表現するという考えです。

pagetop