100年も前からお祀りしている神棚を、修理して今でもお参りしています。神棚は、古くなったら新しいものに取りかえなければいけませんか?

代々神棚を修理・修復しながら守ってお祀りしていれば、取り替える必要はありません。今後とも大事にお祀りください。
一方、定期的に神棚を新しいものに取り替えるのもいい事です。これは神道の「浄の思想」に習う作法で、川が流れ水が常に新しいものに変わるように、神棚・お宮・棚板・神具なども綺麗なものに交換して感謝を表現するという考えです。

Posted in: 神棚を取り替える、神棚を処分するときの疑問


pagetop