神道と信仰

神道(祖霊)について

神道(祖霊)について 神様の御霊(みたま)を『ひ』と呼びます。 人は生まれてこの世に生を受ける時、「体」に「ひ」が入ってくると言われています。 「ひ」が「くる」ことで「ひ・くる」。 これが訛って「いき…

神道(祖霊舎)と仏教(仏壇)の祀り方の違い

今の日本には多くの「先祖供養」のやり方があります。 一番神道と比べられるのは仏教でしょう。 仏教徒の方は自分が属する宗派に合った仏壇を購入し宗派のご本尊となる仏像をお祀りします。その脇にご先祖の位牌を…

神道の霊号について

神道の霊代(霊璽)に書かれる霊号(れいごう)とは仏教の戒名、法名にあたり、神様の世界での名前です。 通常、生前の姓名に「命(みこと)」という文字を添えたおくり名を使用します。 神社によって、または亡く…

神道と仏教の名称の違い

神道と仏教、それぞれの名称をご紹介します。 神道の「神葬祭(しんそうさい)」は、仏教の「葬式」にあたります。 神道の「霊代・霊璽(みたましろ・れいじ)」は、仏教の「位牌」にあたります。 神道の「霊号(…

pagetop