祖霊舎(神徒壇)/霊代・霊璽

祖霊舎(神徒壇)とは

祖霊舎(それいしゃ)とは、神道(しんとう)の方がご先祖様をお祀りするための社(やしろ)です。 神道の教えでは、「一人の人間は亡くなると『肉体を司る神』と『心を司る神』の2つの神様になる」と、考えられて…

霊代(みたましろ)・霊璽(れいじ)とは

霊代(みたましろ)・霊璽(れいじ)とは、祖霊の依り代(よりしろ)で、仏教(仏事)で言う位牌にあたるものです。 鞘(さや)(霊代の外側の木で出来たカバー・蓋のようなもの)の内側の板に「○○命」などの霊号…

祖霊舎の祀り方、飾り方、神具の配置

基本的な祀り方は神棚と同じです。 御神体となる神様が生粋の神様か祖霊(ご先祖様)かの違いだけですので、お供えする神具も、<榊立(1対)・瓶子(=徳利・1対)・水玉(1個)・皿(2枚)・ローソク立(1対…

神棚と祖霊舎の違い

神棚には「神様」をお祀りし、祖霊舎には「祖霊(ご先祖様)」をお祀りします。 どちらも同じ神様としての存在ですが、まるっきり別の存在ですので、それぞれをしっかりとお祀りしましょう。…

祖霊舎と小型祖霊舎

祖霊舎 霊代と神具の両方を納めることのできるタイプで、どちらかというと正式な型となります。 神棚オンラインショップでは祖霊舎(桧製の板戸、ガラス引戸、縁付板戸、栓製等)がこれにあたります。 このタイプ…

祖霊舎のお参りのしかた

祖霊舎は、神様をお祀りしているのと同様と言う考えから、神棚や神社での参拝作法と同じく「二拝・二拍手・一拝」でお参りします。 神棚礼拝の作法 神棚とは、家庭や会社にいながらにして、神社に出向いてお参りす…

pagetop